社内SNS風日報システム「nanotyBP」スタッフブログ

社内SNS「nanotyBP」の活用事例をご紹介します

プロジェクト管理ツール Biz.nanoty
社内SNS nanotyBP
Presented by SUNLOFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

社内SNSの効果を説明するための7つの知識

社内SNS導入に当たって、知っておくと役立つ7つの知識をまとめてみました。
nanotyBP製品サイト内でも公開中)



社内SNS運営に必要なのは「SNSの管理者」と「ガイドライン」の存在
―社内SNSの効果を説明するために役立つ7つの知識―


1.大企業でも官公庁でも、もちろん一般の人々にとってもSNSはメジャーな存在になったということ
大手SNS「mixi(ミクシィ)」の会員数が1000万人を超すなど、既にSNSは珍しい存在ではなくなっています。企業では社内にSNSを導入して、社員同士の交流をはかる動きが活発になっています。市町村などでは「地域SNS」を、職員自らが管理人となって運営し、市民が参加している事例もあります。


2.SNSをビジネスで利用しようという大きな流れが生まれていること
特定の分野に特化したSNSが次々と登場するなど、SNSに対する期待はますます高まっています。中でも注目されているのが「SNSをビジネスの現場で利用する」という考え方。一人ひとりが情報発信でき、参加者同士でそれを共有できるというSNSの特徴は、職場の交流・情報共有に適したサービスだと言われています。


3.社内SNSと一般のSNSとは似て非なるものだということ
社内SNSは企業で利用する以上、一般のSNSのように単なる楽しい交流を目的とするのでは足りません。情報共有や業務分析・改善の効果が期待できるからこそ、社内SNSが注目されているのです。よって両者では機能や運営形態も当然異なります。社内SNSの構築・運営には一般のSNSとは全く別のノウハウが求められるのです。


4.社内SNSの効果は「コミュニケーション」だけではないということ
 社内SNSの効果の本質は、社員の書込みを閲覧・分析することが、業務改善や経営分析の手助けになるという点です。コミュニケーション向上だけでは、会社は発展しません。社内SNSの宣伝文句として、よく「コミュニケーション向上」や「ナレッジマネジメント」が挙げられますが、やはり導入目的としては不十分です。


5.社内SNSはあくまでコミュニケーションを「補助」するツールであるということ
 「社内SNSを導入しさえすればコミュニケーションが活性化する」と思っている人もいますが、大きな誤解です。実際、「簡単に構築できるから・タダで使えるからという理由で導入したけど、結局盛り上がらなかった」という声はよく聞かれます。社内SNSはあくまでコミュニケーション「補助」の道具。「どう使うか」が重要なのです。


6.社内SNSの活用に必要なのはパソコンのスキルではないということ
 SNSはネットに慣れていない人でも、比較的簡単に使えるシステムです。決して敷居が高いものではありません。何を書けばいいのか、どんなときに利用すればいいのか…そうしたルールがきちんとしていれば、多くの社員がSNSに馴染みます。そのためにも不可欠なのは「SNSの管理者」と「ガイドライン」の存在です。


7.良好なコミュニケーションは続くということ
 「SNSの管理者」と「ガイドライン」を設けて、運営体制を整えれば、社員は積極的に社内SNSを利用できます。社内SNSは社員だけが参加する顔の見える空間ですから、発言が盛り上がることはあっても、荒れることはほとんどありません。こうした「良好なコミュニケーション」があるからこそ、社内SNSは長続きするのです。




長くなってしまいましたが、要するに社内SNSは、単なる(お遊び的な)コミュニケーションツールと思って
気軽に導入すると、失敗しやすいのではないかと考えられます。
(「気軽に」ということは、そもそもあまり期待もしていないのかもしれませんが。)

たとえフリーのSNS構築サービスがあり、それを使うことの出来る技術者がいたとしても、
「管理者不在」「ガイドライン無し」では運営を続けていくことは困難です。 

社内SNSではありませんが、mixiのような一般向けSNSも、
それを運営するスタッフの存在があることは明らかであり、
またコミュニティには必ず「管理人」が置かれます。
このことからもSNS(社内SNSに限らず)は、勝手に動いてくれるものではなく、
リーダーシップをとる存在が必要であると考えることができます。

だからといって、社内SNSの管理役になった人が悲観する必要は全くありません。
もちろん、管理役にはSNSを盛り上げるための工夫が求められますが
SNSはそもそもコミュニケーションを助けてくれる道具。

突然「ねぇキミ、どうにかして社内の雰囲気を良くしてよ」と言われたら、あなたならどうしますか?
それよりは、「SNSを導入して社内コミュニケーションを改善しようと思うんだけど、
SNSを盛り上げるためのアイデアを考えてみてよ」と言われたほうが、
ずっと現実的でたくさんのヒントやアイデアが得られると思いませんか?

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー

社内SNS 日報システム について
詳しくはこちらをご覧下さい▼
  nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)

運営会社:株式会社サンロフト

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー
  1. 2007/08/03(金) 11:18:08|
  2. 広報からのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snsbp.blog104.fc2.com/tb.php/31-94204ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロジェクト管理をwebでシンプルに!Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)

nanotyBP 無料トライアル

クラウド型社内SNS 無料トライアル(初期費用無料!)
無料体験で「nanotyBP(ナノティビーピー)」全機能をお試しいただけます。本格導入への切替は、体験版の環境をそのまま移行できるのでとてもスムーズ。

このブログについて

ブログ紹介

「社内SNSレポート!」は、社内SNS nanotyBP(ナノティビーピー)プロジェクト管理SNS Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)のプロジェクトチームが運営するスタッフブログです。製品紹介や活動報告、社内コミュニケーションに関するトピックをお届けします!

製品紹介

ビジネスSNS
Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)」
社内SNS
nanotyBP(ナノティビーピー)」
idea*DREAM BOX(アイデアドリームボックス)

運営会社

株式会社サンロフト
〒425-0092
静岡県焼津市越後島385
TEL:054-626-3366
FAX:054-626-3371


フィードメーター - 社内SNSレポート!

カテゴリ

過去のブログ記事

リンク

最近のコメント

株式会社サンロフト

BP1.jpg

サンロフトのオフィスは静岡県焼津市にあります。サンロフトへのアクセス

ブログ内検索

RSSフィード


承認・共感・感謝の習慣をつくる社内SNS「nanotyBP(ナノティビーピー)」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。