社内SNS風日報システム「nanotyBP」スタッフブログ

社内SNS「nanotyBP」の活用事例をご紹介します

プロジェクト管理ツール Biz.nanoty
社内SNS nanotyBP
Presented by SUNLOFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

十数年ぶりの再会!! 

こんにちは!WEBシステム事業部の芳村です。
先日、すごくうれしかったことがありました。
(ちょっとSNSとは関係ありませんが)

先日、グループ会社の社長宅で毎年開催されている納涼の食事会?に
すごく久しぶりに参加させて頂きました。

例によって、美味しい料理やビールで乾杯!!
普段お会いすることができないグループ会社の社員の方との懇親会。
懐かしさや普段からもっと交流をしないといけないな。
なんて思いながら、数時間楽しいひとときを過ごしました。
飲み?食べはじめて二時間くらいした時に、自分の名前を呼んでくださる女性が!!
「芳村君!!」
振り返るとHさんでした。
「Hさん!!ご無沙汰しております。」
「元気だった?」
「はい!Hさんもお元気そうで!!」

なんてお話しながら握手させて頂きました。

Hさんとは、自分が入社間もない頃にたいへんお世話になった方でした。
朝の掃除時間や仕事でつらいことがあったときに励まして頂いたり、
休憩時間に世間話で盛り上がったり、いつも元気と勇気をくれた女性でした。
毎朝、大きな声で
「おはようございます!」っていうと
「おはよう!!」って笑顔と大きな声が戻ってくる。
毎朝、ここからスタートしてました。

「私も今年で○○歳よ」
「でも変わっていませんよ。」
「孫がね・・・・」

なんて会話で盛り上がって・・・
再会できたことに感激でした。

会が終わって歩く帰り道。
夜空を見上げながらうれし涙かな。

Hさん、昔から変わらない元気な姿でいてほしいですね。

nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)もずっとデータが蓄積されます。
5年経過したとき、10年経過したときに振り返るアーカイブとしてご利用下さい。


bnr.jpg


ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー

社内SNS 日報システム について
詳しくはこちらをご覧下さい▼
  nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)

運営会社:株式会社サンロフト

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー
  1. 2009/08/25(火) 22:36:30|
  2. nanotyBPニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snsbp.blog104.fc2.com/tb.php/219-a236d0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロジェクト管理をwebでシンプルに!Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)

nanotyBP 無料トライアル

クラウド型社内SNS 無料トライアル(初期費用無料!)
無料体験で「nanotyBP(ナノティビーピー)」全機能をお試しいただけます。本格導入への切替は、体験版の環境をそのまま移行できるのでとてもスムーズ。

このブログについて

ブログ紹介

「社内SNSレポート!」は、社内SNS nanotyBP(ナノティビーピー)プロジェクト管理SNS Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)のプロジェクトチームが運営するスタッフブログです。製品紹介や活動報告、社内コミュニケーションに関するトピックをお届けします!

製品紹介

ビジネスSNS
Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)」
社内SNS
nanotyBP(ナノティビーピー)」
idea*DREAM BOX(アイデアドリームボックス)

運営会社

株式会社サンロフト
〒425-0092
静岡県焼津市越後島385
TEL:054-626-3366
FAX:054-626-3371


フィードメーター - 社内SNSレポート!

カテゴリ

過去のブログ記事

リンク

最近のコメント

株式会社サンロフト

BP1.jpg

サンロフトのオフィスは静岡県焼津市にあります。サンロフトへのアクセス

ブログ内検索

RSSフィード


承認・共感・感謝の習慣をつくる社内SNS「nanotyBP(ナノティビーピー)」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。