社内SNS風日報システム「nanotyBP」スタッフブログ

社内SNS「nanotyBP」の活用事例をご紹介します

プロジェクト管理ツール Biz.nanoty
社内SNS nanotyBP
Presented by SUNLOFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

続・1年前の自分は何してた?

こんにちは!
Biz&BP広報担当の西山です。

先週火曜の記事にて、
社内SNSがあることによって過去の活動を振り返ることができることが語られていましたよね。
今回はその延長で、nanotyBPの過去記事活用法をご紹介します!

新年度のスケジュール作成、すでに終えた方が多いかと思います。
昨年度は夏に「納涼の日」を設定し、社員が一息いれられる場所と時間を設けました。
アレッ?でもそれって、何日何曜日の何時に、どんなふうにやったんだったかな!?
そこで活躍するのが、この「検索ボックス」です!

nanotyBP検索ボックス

ここでは、ヘッダーのすぐ下にあるメニュー「日報」を押すと表示される
自分の日報一覧の中にある検索ボックスを使い、
納涼の日に関係する自分の日報だけ抽出してみたいと思います。

検索キーワードのボックスに、「納涼の日」と入力して、検索ボタンをクリック!
検索「納涼の日」


すると、日報明細や日報総括の中に検索ワードが含まれるものだけに絞られて表示されます!
日報検索結果
おーそうそう、見つけた見つけた。8月12日の火曜日に、打ち水とボウリング大会をしたのでした。


納涼の日総括
し、しかもボウリング大会はいただいたお中元をかけての勝負でしたっけ。


納涼の日明細
かかった時間も、その日の日報明細を見れば、この通り。


おこなった内容や日程、時間を振り返り、次回のスケジューリングで活かすことができます。
こうして、過去の忘れ去られてしまいそうなことも、細かく掘り出すことができる、頼もしい社内SNS「nanotyBP」なのでした^^
社内でのコミュニケーションだけでなく、自分自身のマネジメントにも。ぜひご活用くださいませ!

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー

社内SNS 日報システム について
詳しくはこちらをご覧下さい▼
  nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)

運営会社:株式会社サンロフト

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー
  1. 2009/04/07(火) 16:17:54|
  2. 社内SNS活用法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snsbp.blog104.fc2.com/tb.php/174-9c023cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロジェクト管理をwebでシンプルに!Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)

nanotyBP 無料トライアル

クラウド型社内SNS 無料トライアル(初期費用無料!)
無料体験で「nanotyBP(ナノティビーピー)」全機能をお試しいただけます。本格導入への切替は、体験版の環境をそのまま移行できるのでとてもスムーズ。

このブログについて

ブログ紹介

「社内SNSレポート!」は、社内SNS nanotyBP(ナノティビーピー)プロジェクト管理SNS Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)のプロジェクトチームが運営するスタッフブログです。製品紹介や活動報告、社内コミュニケーションに関するトピックをお届けします!

製品紹介

ビジネスSNS
Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)」
社内SNS
nanotyBP(ナノティビーピー)」
idea*DREAM BOX(アイデアドリームボックス)

運営会社

株式会社サンロフト
〒425-0092
静岡県焼津市越後島385
TEL:054-626-3366
FAX:054-626-3371


フィードメーター - 社内SNSレポート!

カテゴリ

過去のブログ記事

リンク

最近のコメント

株式会社サンロフト

BP1.jpg

サンロフトのオフィスは静岡県焼津市にあります。サンロフトへのアクセス

ブログ内検索

RSSフィード


承認・共感・感謝の習慣をつくる社内SNS「nanotyBP(ナノティビーピー)」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。