社内SNS風日報システム「nanotyBP」スタッフブログ

社内SNS「nanotyBP」の活用事例をご紹介します

プロジェクト管理ツール Biz.nanoty
社内SNS nanotyBP
Presented by SUNLOFT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

社内SNSで感謝の気持ちを伝える習慣をつくろう

皆さま、こんにちは。
サンロフト 広報・マーケティング室の すずきです。

「社内広報」も私たちの業務のひとつ。

社員がやりがいを持って、気持ちよく仕事をしようと思える環境づくりは重要なテーマです。

サンロフトでは、数年前より「お互いに感謝する気持ちを表そう」と
「サンクスポイント制」が導入されました。

これは、社員同士で「ありがとう」の気持ちを伝え合う制度で、
1ヶ月に1人5ポイントが与えられ、

   ●案件対応で協力して(頑張って)もらったとき
   ●急な仕事・トラブルで臨機応変な対応をしてもらったとき
   ●技術・仕事のやり方を教わったり、励ましてもらったとき
   ●借り物・頂き物をしたとき

などに感謝したい相手に「ありがとう」の気持ちを表します。

当初は紙製のカードを使っていましたが、印刷コストや準備の手間を無くそうと
社内SNSにこの仕組みをとりいれることにしました。

パソコンのシステム上でやりとりにするほうが、気恥ずかしさもなくて
利用率もアップするのではないかと期待しました。

確かに利用率は上がりましたが、それでも25%から30%程度を行ったり来たりで、
思ったほど利用率は伸びませんでした。

感謝の気持ちを表現する『サンクスポイント』を、誰もが良い制度と思っていても
なかなか行動に移せないでいたのです。

ところが・・・!!

2008-11-04グラフ01

ご覧のグラフのとおり、利用率は2008年7月から3ヶ月連続で急激にアップしました。

さて、いったいなぜでしょうか?

その答えは・・・・ぜひ彼女から話してもらいたいなと思います。

来週火曜に更新を担当する 西山さん!

お願いねっ。

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー

社内SNS 日報システム について
詳しくはこちらをご覧下さい▼
  nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)

運営会社:株式会社サンロフト

ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー・ーー
  1. 2008/11/04(火) 00:00:00|
  2. 社内SNS活用法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snsbp.blog104.fc2.com/tb.php/106-178b0e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロジェクト管理をwebでシンプルに!Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)

nanotyBP 無料トライアル

クラウド型社内SNS 無料トライアル(初期費用無料!)
無料体験で「nanotyBP(ナノティビーピー)」全機能をお試しいただけます。本格導入への切替は、体験版の環境をそのまま移行できるのでとてもスムーズ。

このブログについて

ブログ紹介

「社内SNSレポート!」は、社内SNS nanotyBP(ナノティビーピー)プロジェクト管理SNS Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)のプロジェクトチームが運営するスタッフブログです。製品紹介や活動報告、社内コミュニケーションに関するトピックをお届けします!

製品紹介

ビジネスSNS
Biz.nanoty(ビズ・ナノティ)」
社内SNS
nanotyBP(ナノティビーピー)」
idea*DREAM BOX(アイデアドリームボックス)

運営会社

株式会社サンロフト
〒425-0092
静岡県焼津市越後島385
TEL:054-626-3366
FAX:054-626-3371


フィードメーター - 社内SNSレポート!

カテゴリ

過去のブログ記事

リンク

最近のコメント

株式会社サンロフト

BP1.jpg

サンロフトのオフィスは静岡県焼津市にあります。サンロフトへのアクセス

ブログ内検索

RSSフィード


承認・共感・感謝の習慣をつくる社内SNS「nanotyBP(ナノティビーピー)」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。